困ったお肌にヒアルロン酸注入!【見る見るキレイで自信UP】

女性

注射を用いる治療について

美容整形

最近の美容外科分野の治療は、メスを用いない方法が主流になってきています。注入系治療やマシン系治療を選ぶ人が増えてきていますが、特に高い人気を集めているのはヒアルロン酸注射を用いる治療です。ヒアルロン酸注射は、シワ取り治療や豊胸手術などでよく利用されています。

詳細を読む

お尻を整える治療について

医者

お尻の上の部分がペタンと扁平になっていて、お尻の肉が垂れ下がってしまっている人がたくさんいます。そのような人におすすめできるのが、美容外科の豊尻手術です。様々な手術方法がありますが、ヒアルロン酸注射を用いる豊尻手術が高い人気を集めています。

詳細を読む

保水成分を注入する美容法

美容

ヒアルロン酸は、人の体内で細胞同士を結びつける働きをしている物質です。その特性は、非常に優れた保水力を持つということです。そのために、ヒアルロン酸は医療や美容の分野で幅広く活用されています。ヒアルロン酸を肌の乾燥やシワの気になるところに注入することで、アンチエイジング効果が期待できるのです。また、豊胸手術にもよく用いられています。以前は、低品質のヒアルロン酸によるアレルギー問題などもありましたが、現在では安全性の高いものが使われています。注射するだけで施術できるので、メスによる切開手術は不安だという女性にも安心感が得られるようです。かかる時間も、顔のシワの改善や隆鼻術などの場合なら15分前後で施術できます。顔のシワ取りの場合、ボトックス注射による施術では術後2、3日たたないと効果は出てきませんが、ヒアルロン酸の場合はすぐに効果があらわれます。ところで、豊胸にヒアルロン酸を利用する場合は、技術の確かな医師を選ぶことが特に重要となります。というのも、人体に存在する成分とはいえ、注入するヒアルロン酸はその人自身の体が作ったものではありません。そのため、危険なものではないのですが一種の拒絶反応が出ます。この拒絶反応によって硬い膜ができ、ヒアルロン酸が吸収され損なってしこりのようになることがあるのです。こうなると手で触っても違和感を生じますし、刺激によって炎症を起こす可能性も否定できません。このような事態を防ぐためには、ヒアルロン酸を注入する際に、分量を適切に、状況を見ながら注入する技術が必要となるのです。したがって、よいクリニックを選ぶことは非常に重要であるといえます。

ヒアルロン酸は、人が生まれながらに体内に持っている成分ですが、年齢とともにその量は減少していきます。最も量が多いのは胎児のときだといわれています。加齢によって肌がたるんだり、シミやシワができてしまうのはこのためです。そこで、ヒアルロン酸を外から注入することによって、肌の張りを取り戻すことが可能です。ただし、体内に注入されたヒアルロン酸は、時が経つとともに体に吸収されていきます。そのため、肌の張りと若さを保つためには、継続してヒアルロン酸注入を行う必要があります。少なくとも年に一度くらいを目安にするとよいでしょう。医師によっては、豊胸などの効果を出すために量を多めに注射する場合もあるようです。しかし、先にも述べたとおり、あまり一度に大量に注入すると、しこり状に残ってしまうことがあります。胸にしこりがあるというのは当然気持ちのよいものではありませんし、押すと痛みを感じることもあります。そのような場合は、ヒアルロン酸を分解する作用のある酵素を注射してもらえば、しこりが分解されて元に戻ります。それから、痛みについても知っておいた方がよいでしょう。ヒアルロン酸は少量ならば注射しても痛くありませんが、量が多ければ多いほど、術後しばらくの期間痛みが継続します。ほうれい線やバストアップのために、なるべく費用も節約して一度に大きな効果を出して欲しいという女性の気持ちは理解できますが、あとあとのことを考えれば、やはり適正な量を医師と相談の上で用いるのが最善だといえます。

シワ取り治療について

女性

美容外科のシワ取り治療には様々な種類のものがありますが、ヒアルロン酸注射を用いるシワ取り治療が大人気になっています。なぜかというと、とてもリーズナブルな料金設定になっている上に、日常生活にほとんど支障が出ない方法であるためです。

詳細を読む