困ったお肌にヒアルロン酸注入!【見る見るキレイで自信UP】

女性

注射を用いる治療について

美容整形

日本国内に美容外科クリニックが誕生してから、既に半世紀近い年月が流れています。当初は、メスを用いて患者の体を切る治療が主流になっていましたから、美容外科の治療を受ける患者はそれなりの覚悟を決めてクリニックを受診する必要がありました。また、かなり高額の費用がかかりましたので、実際に治療を受けられるのは、ごく一部の人だけに限られていました。はっきり言ってしまうと、芸能人やお金持ちの有閑マダムくらいしか、美容外科クリニックで治療を受けることができなかったのが実情です。しかし、美容外科分野の研究が進められた結果、メスを用いない注入系治療やマシン系治療の方法が次々に開発されました。出血や痛みのリスクが大幅に軽減されたことに加え、治療の低料金化が可能となったため、一般庶民でも美容外科クリニックを利用できるようになりました。特にヒアルロン酸注射等を用いる注入系の治療は、その手軽さが受けて大人気になっています。たとえ理想の美しさを手に入れるためとはいえ、誰だって血が出る痛い治療は受けたくありません。また、費用負担も軽い方がよいに決まっています。患者のほとんどがそのような希望を持っていますので、今後の美容外科分野の治療はメスを用いない方法がメインになっていくのではないかと考えられています。先程も少し触れましたが、現在はヒアルロン酸注射に代表されるようなプチ整形メニューが高い人気を集めています。お手頃価格で利用できる美容外科治療に対する需要は、今後さらに高まっていくだろうと考えられています。

注入系治療でよく用いられているのは、ヒアルロン酸注射やボトックス注射です。それぞれ効果・効能が全く異なっていますので、自分が気になっている症状に合わせて注射を使い分ける必要があります。単純に料金面だけに着目すると、ヒアルロン酸注射よりもボトックス注射の方が値段が安くなっています。でも、使い道が全く異なる注射ですので、医師のアドバイスによく耳を傾ける必要があります。ヒアルロン酸注射はシワ取り注射として有名になっていますが、それしか使い道がないわけではありません。たとえば、目の下のクマを消す治療や鼻を高くする治療などの際にもよく用いられています。また、豊胸手術や豊尻手術で用いられるケースも多いです。ヒアルロン酸は、もともと人間の体の中に存在している成分であるため、アレルギーリスクが非常に低いというメリットがあります。事前のアレルギーテストが不要ですので、通院回数を最小限に抑えることができます。また、注入されたヒアルロン酸はいずれ全て吸収されてしまいますから、体内に異物が残ってしまう心配がないというメリットもあります。治療効果に永続性がないというデメリットはあるものの、高い安全性が保証されているため、安心して治療を受けることができます。一方、ボトックス注射の方は、表情ジワを消す治療や、わきが治療、小顔治療、脚痩せ治療などで使用されています。こちらの方も治療効果に永続性はありませんが、注射を打つだけという手軽な方法で気になる症状を改善することができるため、高い人気を集めています。